番組では皆様からのご意見・ご感想・リクエスト曲などお待ちしております。あて先は
       fkn2fkn2@mail.goo.ne.jp
まで。コメント欄からもお気軽にご連絡ください。各コーナー出演者も募集中です!

2009年06月27日

もしも病院ラジオが聴こえてきたら2

病院でオリジナルラジオを放送しよう!を実現するための第2弾企画です。前回からの「海外での病院事情」をおさらいするとともに、病院でラジオですから「健康にもいい!!」ってところをご紹介したいと思います。

もしも病院ラジオが聴こえてきたら〜その2〜

日時:2009年7月25日(土)15:00〜16:30
場所:京都三条ラジオカフェ店舗
講演:@「海外の病院ラジオ」 隅井孝雄(国際メディアアナリスト
                    京都ノートルダム女子大客員教授)
   A「ラジオは脳にきく」 板倉 徹(脳神経外科教授
                    和歌山県立医科大学医学部長)
参加費:1,000円(1ドリンク含む)
人数:30名程度(先着順)
申し込み・問い合わせ:メール fkn2fkn2@mail.goo.ne.jp

タイムテーブル
15:00〜15:05 オリエンテーション 鎌田智広
15:05〜15:45 隅井先生講演
15:45〜16:25 板倉先生講演
16:25〜16:30 生放送準備
16:30〜17:00 公開シンポジュウム

公開シンポジュウム 16:30〜17:00
講演会終了後、引き続きラジオカフェにて公開シンポジュウムを行います
(FM79.7MHzにて生放送)
タイトル:もしも病院ラジオが聴こえてきたら
内容:病院ラジオの日本での可能性を考える
   進行 鎌田智広(看護師・FM看護系ナイト2パーソナリティー)
   コメンテーター 隅井孝雄 先生
           板倉 徹 先生
参加費:16:30よりカフェの通常営業になりますので講演会からの参加の方も別途ご注文が必要になります
申し込み:不要です
カフェ営業中ですので満席になりしだい入場をお断りする場合があります


br2.jpg

もうホントお待たせしちゃいました

忘れたころにやってくる恐怖のFM看護系ナイト2ですがよろしくおねがいします
posted by カマーチョ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

特番〜もしも病院ラジオが聴こえてきたら〜

1月17日にオンエアーされました特番

もしも病院ラジオが聴こえてきたら

の模様です



これは番組の中のコーナー

病院病院を創ろう病院

のなかで盛り上がっていた

病院の中にラジオ放送局があってもいいじゃん

というところから生まれてきた番組です


当日は放送前に

隅井孝雄先生(国際メディアアナリスト・京都ノートルダム女子大客員教授)

の方から海外の病院ラジオ事情をいろいろ教えていただき

お話を聞いていただいた参加者の方に、そのままラジオにも参加していただき思うところを述べていただきました

hr1.jpg
posted by カマーチョ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。